和気あいあいと楽しいバイト先

高校生の頃、某ピザ屋でバイトとして働いていました。ピザの電話注文受付やテイクアウトの接客、ピザ作り、調理場にて食材の下ごしらえや店内の清掃が主な仕事内容でした。男性の方はバイクや車でピザの配達を行っていました。

今はもう銀行振込に変わったようですが、私が働いていたときは給料は手渡しでもらっていました。給料日、仕事が終わった人から順番にもらったり、シフトが入っていない人もわざわざもらいにお店まで来たり。その場で中身を確認する人や、家に帰るまで絶対開けない人、そのまま飲みに行ってすぐお金を使ってしまう人などいろいろな人がいました。

ちなみに私は家に帰るまで開けない派でした(笑)。給料に関しては当時、研修680円、それから750円、土日や祝日、夜22時からは50~100円アップしました。研修のときは全然稼げないし、シフトも書かせてもらえないのは想定外でした。仕事が終わると、マネージャーから「次は○日に来てね」とだけ言われ、時間も2時間しか入れさせてもらえなかったです。それに、研修上がるのも期間が決まっているとかではなく、試験があるわけでもないのです。マネージャーが独断で決めるのです。なので私は半年以上研修を続けました。

長い人は一年近く研修のままの方もいたそうです。男性の時給はもっと高く、最低850円から始まるので田舎のほうでは結構時給も高い方で、人気のバイトのようでした。でもその分リスクもあります。雨の日、猛暑や極寒の中でもバイクで外を走らなければいけないし、事故に合う場合もあります。私が働いていた時も、配達中に車とぶつかった、ということがありました。 安全運転を心がけろ、とバイト先でも言われているのでスピードの出しすぎなど気をつけてはいるけれど、相手のほうからぶつかってこられたりもするので防げない事故もあります。そういった面ではこわいですね。

お盆やクリスマス、年末年始はやばいくらい激混みで、人が全く足らないので、以前バイトをしていた人にも連絡して、日給一万円でやってもらう、なんてこともあります。特にクリスマスは最強に忙しかったです。朝から晩までみんなで一丸となって頑張っていたのを覚えています。また、マネージャーが楽しませ上手な方で、クリスマスを終えると毎年バイトのみんなに自腹でくじびきをさせてくれていました。商品は某有名テーマパークのペアチケットから始まり、缶コーヒー1ケースやらカップラーメン1ケースやら。それもあったのでクリスマスの大変なときもみんな頑張れたのかな、と思います。とっても優しくて面白いマネージャーでした。

一番頭にきたことは、ロッカーにしまってあった財布からお金が盗まれたこと。当時ロッカーは2人で共同で使っていてとくに鍵などもなかったんですが、ある日バイト終わってコンビニに寄った時、入っているはずのお金がなくて…。私だけではなく他の方も何人か被害にあった人がいて、そのことは今思い出しても頭に来るし、当時はバイト仲間でお金を盗むような人がいることがとても悲しかったです。その事件があってからはロッカーにも鍵をつけるようになったし、貴重品も身につけておくようになりました。

男子も女子も多い職場だったのでカップルもたくさん出来ていたし、結婚したカップルも何名かいます。みんな優しく仲良くて、和気あいあいとしていてとても楽しいバイトでした。同世代の人が多かったけれど、年上の人も何人かいで、よくご飯などにも連れてってもらいました。いろいろな世代の人と話もできるので、悩んでいた時もアドバイスをもらえたりしたし、バイトをやめてもう何年も経つけれど、今でもみんな仲良くしてくれていて、生涯の仲間ができたバイトでした。